腱鞘炎の治療

熊本整骨院元には、腱鞘炎による手首や指などの痛みで来院される患者様も多くいらっしゃいます。 最近ではスマホやパソコンの使い過ぎが原因と思われる、腱鞘炎の治療が増えています。

腱鞘炎という名称は聞き慣れた言葉だと思いますが、意外にも正式名称は知られてはいません。 腱鞘炎の正式名称は、「狭窄性腱鞘炎」といいます。

腱鞘炎と言うと手首や指の炎症というイメージを持つ方も多いと思いますが、手首や指だけでなく、肘・肩、時には足首にも炎症を引き起こすことがあります。 初期の症状として、患部の慢性的なだるさと痛みがありますが、軽度の症状だとそのまま放置の状態を続けてしまう人が多いです。

 
しかし、なるべく早い時期に正しい治療を行わなければ、症状が悪化し最悪の場合、手術しなければならなくなる場合もあります。

 

そうならない為にも初期症状の段階で病院・整形外科・整骨院でしっかりとした治療を受けられる事をオススメします。
腱鞘炎を引き起こしてしまうと、指や手首を曲げようとしたり、物を押したり・引っ張ったりする等の動作をするときに手首や指、または肘や肩の患部にズキズキとした痛みを感じるようになります。ほとんど場合は患部の使い過ぎによるものが原因で起こります。

<熊本整骨院元の腱鞘炎の治療法>

当院では、保険を使って腱鞘炎の治療を受ける事が出来ます。
患部の炎症がひどい場合にはまずアイシング(冷却)をして、状態に応じてテーピング固定、電気治療、鍼灸治療、コンビネーション治療(超音波と高電圧電気刺激療法を組み合わせた治療)などを組み合わせ早期回復を目的に治療をさせていただきます。

状態によっては、患部だけの治療ではなく、身体全体の歪みが影響して首・肘・肩・手の関節の動きが悪くなっていることもあるので、必要に応じて首背骨や骨盤まわりも治療をさせていただきます。 熊本整骨院元には腱鞘炎の治療で多くの患者様が来院されていらっしゃいます。 腱鞘炎の痛みでお悩みの方は、熊本整骨院元へお気軽にご相談ください。