スポーツ外傷について

スポーツ外傷について

スポーツ外傷とは、あらゆるスポーツで起こり得る外傷のことを指します。具体的には、肉離れ、骨折、靭帯損傷、足首の捻挫などが挙げられます。また、長く同じ場所を酷使することで痛みなどを慢性的に引き起こすものはスポーツ障害とよばれ、区別されています。代表的なものに野球肘などが挙げられます。当院では捻挫などの場合はテーピングを中心に治療することになります。また、ハムストリングスの損傷による肉離れでもテーピングが多くいます。

テーピングとあわせて鍼や灸などで筋肉のこりをほぐす、という複数の治療を組み合わせます。

整骨院に通うことになると定期的に処置を受けられますから、治りがはやくなりますし、周りの関節も固まりにくくなります。スポーツ外傷の場合はいちはやくスポーツに復帰するということが重要になってきますから、整骨院での治療をうけることをおすすめします。 スポーツ外傷を負った場合、まずはお気軽にご相談ください