ゴルフ肩の原因と治療方法について

ゴルフ肩とはスイングショルダーとも言われている肩の故障のひとつであり、名前の通りゴルフをしている人達によく見られる故障となっています。

症状としては肩の痛みが代表的であり、ほとんどの人がゴルフのプレイ後にどちらかの肩(左肩が多いようです)が痛みで上がらなくなってしまう・肩から腕に痺れを感じる・腕がだるくて痛みがあるなどの症状を訴える事が多いようです。

このことから四十肩や五十肩にも似ているとされているのですが、ゴルフ肩の場合はこれらの2つにはない肩甲骨の可動域が左右で差があるという特徴を持っています。

ゴルフ肩の原因

ではゴルフ肩になってしまう原因としては何かと言うと、まず前提として言われているのがゴルフをしていると言う事です。と言うのもこの症状はゴルフのスイングの動きによって起きるものとなっており、それ以外の動きで起きると言う事がほとんどないと言われているのです。

なので症状を訴える人の多くがゴルフの経験者であり、特にゴルフを始めたばかりの初心者によく見られるとされています。

原因としてはゴルフのスイングをする際に左の肩甲骨や肩についている筋肉が引き伸ばされたり、頭を動かさないようにするために首に強いねじれが発生してしまうと言うところです。

このように肩甲骨や首・肩に伸縮の急激な動きが加わる事によって大きな負荷がかかってしまうことが問題とされており、ゴルフ中はこの動きが連続して起こるので結果的に筋肉にトラブルを抱えやすくなってしまいます。

特に初心者の場合やなかなか飛距離を伸ばせないと悩んでいる人たちは体をもっと回そうとする・トップを高くしようという意識が強いと腕で押し込む・肩を巻き込むなどの無理な動きを加えてしまう事が多いので、さらに負荷がかかりやすく筋肉にトラブルが起きやすいとされています。

ゴルフ肩の治療

ゴルフ肩になってしまった場合の治療については、まず症状が落ち着くまではゴルフ(特にスイング)は禁止して絶対安静にする必要があります。なので当然練習やトレーニングも禁止ですし、痛みによっては病院で痛み止めの薬やシップを処方してもらって対応します。

そこからは症状に応じて徐々に動かしていくようにすることが大切ですし、スポーツ病院でリハビリを行うことも有効な治療としておすすめされています。

特に初めてゴルフ肩になったと言う場合はどのように治療をしていけばいいのか分からないと言う人も多いので、リハビリが出来る医療機関でアドバイスや指導を受けながら治療を進めていくことが大切になります。