頭痛の原因と治療法について

頭痛は名前の通り頭が痛くなることを指します。国内においては推定で3千万人が頭が痛む症状を抱えていることになり、国民病とも言われるほど多い症状です。

頭痛の原因

頭が痛くなる原因については様々な要素が考えられており治療法についても違ってくる場合があります。

それぞれの原因に合わせた治療を行っていかないと緩和するどころか、ますます症状がひどくなってくることもあります。頭の痛みは重症化すると日常生活を送る上でも支障をきたすことになり、また重大な病気のサインとして現れることもあります。

ですので、症状の要因についてはしっかりと把握しておいて早めに治療を行うという意識を持つことが大事といえます。

頭の痛みにはいくつかのパターンがあります。病院に行く必要がある場合と安静にしても比較的大丈夫といえる場合があり、見分けがつきやすくなっているのでポイントとしておさえておきます。

頭痛の治療法

病院に行く必要がある痛みの場合は、まず痛み方が今まで経験した事のないような、激しい痛みが襲いだした場合や普段感じている頭の痛みと違う点が見られる痛みの場合は病院に行く必要があります。

特に急に激しい痛みが襲ってきた場合は脳にダメージがいっている場合もあり、すぐに手術など治療を開始する必要がある緊急事態になっていることもあります。そのため、痛み出し方についてはきちんと把握したうえで対処するようにすることが求められます。

頭の痛みには日常生活の中に原因があるパターンもあり、これを機能性頭痛という名称で呼ぶこともあります。

その代表例が緊張型頭痛と偏頭痛です。前者の場合は、主に首筋の部分から後頭部にかけて痛み出すことが多いです。首や肩の凝りと一緒に痛み出すことも多いことが特徴です。激しい痛みというわけではありませんが痛みが持続しやすいことも特徴として挙げられます。

この場合の対処法は、肩や首の凝りを解決することで緩和しやすくなります。また、マッサージや温泉なども効果があります。

後者の片頭痛の場合は、脈打つような痛み方をします。20代から40代の女性に多い傾向がみられます。吐き気などを伴う場合もあります。こちらの対策法としては、患部を冷やすことでクールダウンしたり安静にすると収まる場合が多いです。

ほかに群発型と呼ばれるタイプの痛みもあります。目のあたりがえぐられるような激しい痛みを伴うことが特徴です。

原因は不明ですがアルコールと関連があるとされます。酒を飲むことは避けておき、病院へ行って検査してもらったほうが良いでしょう。