甘く見ないで「夏バテ」の怖さ

皆さんこんにちは!
熊本県宇城市松橋町整骨院元のスタッフです。

台風が過ぎ安心かと思いきや、大雨に見舞われましたね。
増水による、熊本のあちこちで氾濫危険水位を超え注意喚起でている状況です。周囲の皆様は十分に警戒して下さい。

【熊本県ハザードマップはコチラから確認】

さて話は変わりますが、本格的な夏になりより活動的になるシーズン!
夏と言えば!そう「夏バテ」です。
夏バテになると暑さのせいで、疲れやだるさなど体調不良が如実に現れます。

今回は、夏バテについて少し書いてみたいと思います。

夏バテって日常的なもので、余り気にしてない方がほとんだと思います。
東洋医学で言えば、夏バテの事を「暑邪(しょじゃ)・湿邪(しつじゃ)」と呼ばれる症状に当てはまる、深刻な問題としてとらえられているそうです。

暑邪とは、六淫(りくいん)と呼ばれる6つの疾病の1つで文字通り”暑さ”からくる体調不良のことを指すそうです。

湿邪とは、湿気によって起こる体調不良のことを指しているそうです。
高温湿地帯の日本では、夏にはこの暑邪と湿邪が重なり、慢性的なだるさや
、食欲不振、むくみなどを引き起こしてしまうそうです。

東洋医学での夏バテは「単なる暑さによる疲れ」との認識ではなくこうした
深刻視されている問題でもあるのです。

夏バテになったら栄養補給などで改善していこう

夏バテになると、人は活動力が低下し気力もなくなってきます。
食事内容も、食べやすいそうめんやお蕎麦などに偏ってしまい、栄養不足になり易くなってしまいます。

夏バテだなと感じてきたら、タンパク質やビタミンB1、カリウムなどの栄養をしっかり摂るようにしましょう。

食欲不振がある場合は、香辛料やトマト、きゅうりなどを食べると食欲増進効果を得ることができるのでおすすです。
なにかと活動的で楽しい夏!夏バテにならないことに越したことはありませんが、夏バテを改善する方法を知っておくことも重要になってきます。

身体の事ならお任せ下さい!まずはご相談から!

【整骨院 元 宇城松橋院HPはコチラから】
ご予約・お問い合わせ 0964-33-0501