咀嚼にそんな効果があるなんて!?┃宇城市・松橋整骨院元

皆さんこんにちは!!
宇城市松橋整骨院元スタッフです♪

夏になり活動的になったせいか、胃も活発化して食べ物が美味しくてたまらない今日この頃ですが、毎日の生活の中で咀嚼について考えたことはありますか?
余りに普遍的過ぎて、考えてない方が大半だと思いますがこの咀嚼実は人にとってかなりのメリットを生むんです。今回は咀嚼の効果について書いてみたいと思います。

子供の頃に良く言われたあの言葉「よく噛んで食べなさい」覚えていますか?子供の頃はなんで噛んで食べた方が良いのかの理由が良くわからず一つの礼儀作法的なものと僕は理解していたのを覚えています。

良く噛んで食べるということは、消化し易くなることなので内臓の負担がかなり減ります。逆に余り噛まずに食べると、内臓が消化しようとするため負担がかかり、栄養もとりずらくなるんです。
さらにに唾液にも関係していて、ゆっくり咀嚼することで唾液に含まれる消化酵素と良く混ざり、内臓の負担を減らしているんです。

内臓への負担軽減は、消化不良による下痢や腹痛の予防、食いしばり行為の改善にも繋がるいわれているそうなので、思わぬ効果も期待できます。

「1口30回」噛んで食べるの理由とは?

食べ物を1口30回噛んで食べた方が良いと以前に聞いたことがあるんですが
実際に30回も噛んで食べると、食べ物が口の中で粉々になって噛んでいる意味あるの?ってことになりませんでしたか?
一口30回が理想とされているのには理由があり、生のニンジンやナッツ類などの固形物を食べる際に、消化不良の起こしにくい回数みたいなんですね。
つまり、30回はあくまでも基準に過ぎず、食べる時に良く噛んで食べる意識の方が大事なようで、少しでも噛む習慣をつけていきましょう。

噛み過ぎには注意が必要?

噛んだ方が良いからといって、噛みすぎには要注意!
例えば、ガムなどを一日中噛んでいたならば、咀嚼筋を過剰に使うわけですから、顎関節痛や咀嚼筋痛などの原因になってしまう場合もあるようです。

普段ほとんど気にしていない噛む行為は、こんなメリットをもたらしてくれるんですね。是非、皆さんも意識してみて下さい。

身体の事なら宇城市松橋町整骨院元へお任せ下さい!

【もし顎関節痛にお悩みなら詳細ページはこちら】

ご予約・お問い合わせ 0964-33-0501