太る原因はストレスにあるって本当!?

皆さんこんにちは!!
宇城市松橋整骨院元の吉崎です。

9月も後半に入り大分涼しくなりましたね。
季節も秋に変わり、栗やさんまなど旬な食べ物が美味しい季節の到来です。

食べものが美味しい季節になると太る心配も一段とましますよね。
しかしもっとも太る原因と言われてるストレス!!ストレスを感じている場合「やけ食い」「やけ酒」など普段より多く飲食してしまうことがあります。

無意識に食べたり飲んだりして、気が付いたら太っているってことになるんです。

ストレスと言っても実に様々で、突然の不幸などの大きなストレスは食も喉を通りませんが、人間関係などイライラやムカムカする小さなストレスはついつい飲食によって解消してしまうのものです。

~自分のストレスを知ることがダイエットの初歩になる~

ストレスを解消するために食べる行為が肥満に繋がることは、ネズミを使った実験で明らかになっているんです。

脳はストレスを感じると、興奮を抑えるセロトニンが減少します。
このセロトニンは、甘いものを食べると元の量に回復するため、セロトニンが減少するとイライラし甘いものが食べたくなるのです。

人間もこれと同じ原理が働くとすれば、飲食によって小さなストレスを解消しその積み重ねが人を肥満にしているといえるのです。

なのでダイエットの過程に入る前に自分のストレスを知り解決していくことが重要となるのです。

普段感じているストレスを全部取り除くのはとても困難なことなので方法としては、見方を180度変えポジティブな発想に変えることがおすすです。
いやな事があってもこれがあるから頑張れるとか、未来に繋がるとかに変えることでストレスをかなり軽減することが可能になるのです。

さらに運動や趣味などに打ち込むことでストレスの軽減がとても効果的になりますが、人とのコミニケーションによる癒しが何より効果的です。

~お身体のことなら宇城市松橋整骨院元にお任せ下さい~

HP⇒ 宇城市松橋整骨院元のEMSダイエットページ
お問い合わせは ⇒ 0964-33-0501
メールでお問い合わせの方はコチラ