歯が痛い時にやってはイケないこと

皆さんこんにちは!!
宇城市松橋整骨院元の吉崎です。

最近患者様の中に歯が痛いと言って来院された方がいらっしゃいまして、歯医者に行った帰りだったとのことですが、とても痛そうでした。歯の痛みは頭に響くような痛みで我慢するのも大変です。歯医者に行けば良いですが、時と場合によっては歯医者にいけない場合があります。

そんな時は自分で対処しなければならないんですが、やってはイケない行為が幾つかありますのでご紹介します。これをやってしまうと逆に痛みが増すことになるのでご注意下さい。

-やってはイケないことその1-
歯の痛みは血流が促進されることで、増してしまいますのでお風呂のなどに長時間浸かることは
避けましょう。シャワーなどで軽く済ませるのがおすすめみたいです。

-やってはイケないことその2-
歯が痛む際は神経が敏感になっていますので、患部を直接冷やすことは避けましょう。
それで一時的に痛みが緩和されても、温度差に敏感になった神経のせいで地獄をみることになりかねません。冷やす場合は、冷やしたタオルや、冷湿布などを頬の上からあてて冷やしましょう。

-やってはイケないことその3-
歯が痛い時は、痛む歯を確認しようとして口を大きく開けたり、歯を舌で直接触ったりしがちです。痛む歯に触れるしまうことで、雑菌などは入りよけいに痛みが増すことがありますので歯に直接触れるのは避けましょう。僕も経験があるのですが、間違いなく地獄をみます。
他にもアルコールなどを飲むと激痛になりますので、絶対避けて下さい。何度も言いますが地獄をみます。

歯の痛みがある時は、痛み止めなどを服用してなるべく早めに歯医者に行くようにして下さい。
夜中に歯が痛くてどうしようもない場合でも近くに24時間対応してくれる歯医者(総合病院)がある場合もありますので、調べて向かうようにして下さい。

~お体のお悩みなら宇城市松橋整骨院元にお任せ下さい~

HP⇒ 宇城市松橋整骨院元
お問い合わせは ⇒ 0964-33-0501
メールでお問い合わせの方はコチラ