夏に増加するクーラー病に備える!

皆さんこんにちは!
前回は、前回のブログで5月病のことを書いたんですが今日は、暑い夏に備えクーラー病について書いてみます。

クーラー病とは、部屋の中と室外との温度差が原因で自律神経が乱れ、生じる症状のことを言います。

主な症状として

●カラダがだるい
●頭痛
●肩こり
●手足の冷え
●しびれ
●胃腸の調子が悪い(食欲不振、下痢)

人の体って基本的には冷やさない方が良いです。
なぜなら、冷やせば血流が悪くなり、肩こり、腰痛など様々な症状を招くことになります。

なので、クーラー病にかからないためには、エアコンの温度調整を高め(28度~29度)にして部屋を長時間冷やし過ぎないようにすることで予防することができます。

また、扇風機を使う場合は、発熱量の大きい足元に置いた方が効率よく体温を下げることができます。

整骨院の治療では、自律神経の乱れを整える効果がある鍼灸治療やマッサージなどがお勧めです。

症状が起きる前にクーラー病などを知識を持って対策することで、より充実した夏を過ごすことができます。

HP⇒整骨院元の鍼灸治療
お問い合わせは ⇒ 0964-33-0501
メールでお問い合わせの方はコチラ