梅雨に時期に起こる体調不良と改善方法は!?

 

意外に知られてない、梅雨の時期に起こる体調不良とその改善方法!

皆さまこんにちは、熊本整骨院元松橋院です。
5月も半ばに入りました。
もう直ぐ6月を迎え、本格的な梅雨の季節となります。
梅雨と言えば、個人差はありますが体調が優れないなどの不調を訴える人がいます。

今回は、その症状と対処法について書いて行きます。

梅雨の時期体調に不良になる理由は?

人は、知らない内に天候の影響を強く受けているって知ってましたか?
天気予報では「気温」、「気圧」、「湿度」などわかりますが、この3つ要因こそが人の身体を不調にする原因なのです。

梅雨の時期は、雨が降り続いたり、晴れと雨を繰り返したり、気圧や気温などが激しく変化するため、人の身体に強いストレスとなり体調不良となるのです。

こう言った、気象の影響で体調悪くする事を「気象病」と呼ばれています。

症状にはどんなものがあるの?

梅雨の時期に起こる「気象病」の主な症状としては・・・
「やる気が出ない」「手足が冷える」「肩がこる」「身体がだるい」「頭痛」などが挙げられます。

他にも気象病は、古傷の痛み、関節リウマチ、神経痛、狭心症、血栓、尿路結石、気管支端息、心筋梗塞、脳出血、感冒、胆石、急性中耳炎などがあげられます。

このような症状に一端悩まされると後が大変ですね!
では次に、その改善方法についてです。

大変な体調不良!その改善方法とは!?

やっかない梅雨の体調不良ですが、ちゃんとした「体作り」で改善できるんです

ゆっくりとお風呂の入る

気象病は、自律神経のバランスが乱れが原因のなる事が多くあります。
理由としては、梅雨の寒冷前線による気温や気圧の低下で自律神経のバランスが乱れることにあります。
お風呂にゆっくり入る事により、体が温まり自律神経のバランスが整います。

ストレッチとマッサージ

お風呂に入った後に、ストレッチやマッサージを行う事でより一層の効果が見込めます。これはリラックスすることで、自律神経のバランスが整うためです。ヒーリング系の音楽等をかけながら行うと更にリラックス効果が期待できます。

むくみ対策をする

水分の滞留によるむくみを防ぐために、水分や塩分の摂り過ぎには注意することでも効果があります。また、体を締め付ける服装は血行を妨げるのでできるだけ避けるようにします。

体を温める

梅雨の時期は、気温の変化が激くなる時期でもあります。
エアコンや冷たい食べ物など、体を冷やしたがる傾向があると思いますが
暖かい食べ物などで体内から体を温めるなど、体調管理には気を使いましょう。

梅雨の時期の体調不良は、事前に予防対策を講じて体調を維持していきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です