風邪を引いても熱がでないのはどんな時?

皆さんこんにちは!!
宇城市松橋整骨院元の吉崎です。

最近は、急に肌寒くなり寒暖の差で体調を崩している方が多いようです。
特に風邪が流行っていて、書く言う僕も風邪を引いてしまいました。
風邪を引くと今年の風邪の特徴はどんな感じなんだろうと気になったりもするんですが、僕の場合、咳がでて身体に気だるさがあるけど、熱は出ないんです。

そこで今回は、風邪を引いても熱が出ないケースをご紹介します。

まず多くの人に当てはまるケースで身体が極端に弱っている場合が上げられます。
誰でも聞いたことはあると思いますが、発熱とは身体が風邪の菌を熱で排除しようとする時にでる症状です。つまり熱がでることは健全な証拠でもあるのです。

しかし、身体が極端に弱っている場合、菌を退治するために熱を上げることすらできないので風邪を引いても熱がでないのです。熱が出ない場合は自分が思うより深刻な状況なのかもしれません。

他にも、平熱が35℃位の場合は36℃でも微熱になりますし、33℃で繁殖し易い「ライノウイルス」と呼ばれるウイルスに感染すると、熱が出ない場合もあります。普段から何らかの薬を服用している場合も、薬の影響で熱が出ないケースもあるんです。

僕の場合は、極端に身体が弱っているためなのでしょうか?
どちらにせよ、風邪を引きたらしっかり休んで早目に治したいところです。

~お身体のお悩みなら宇城市松橋整骨院元にお任せ下さい~

HP⇒ 宇城市松橋整骨院元
お問い合わせは ⇒ 0964-33-0501
メールでお問い合わせの方はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です