老若男女が悩む新型腰痛とは!?

皆さんこんにちは!!
宇城市松橋整骨院元のスタッフです!!

今回は、最近テレビで紹介された「新型腰痛」に関してご紹介します。

腰痛の原因も様々ですが、日本人の腰痛の実に85%が原因不明と言われており、その1割に該当すると言われるが新型腰痛です。

一般的な腰痛との違いは?

車を運転して長時間椅子に座る場合などに、腰全体に鈍い重いだるさを感じる腰痛に対し新型は、腰の中心部にキリで刺されたような強い痛みがおきるそうです。

また寝返りをする時に、一般的な腰痛に比べ新型は激しい痛みを誘発することがあるようです。

更に新型は重症になると、足の様々な部分が同時にしびれるそうで、病院でもレントゲンやMRIに写らないやっかいな症状なんですね。

原因としては、腰じゃなくお尻にあるとされていて病名が「殿皮神経障害」と言い、お尻の殿皮神経が骨盤に当たることで、様々な症状を引き起こすそうです。

殿皮神経障害は直径2~3mと細いために、レントゲンなどに写らないと言われています。


新型腰痛かどうかチェックするには?

①ウエスト部分の下、お尻の中心ラインに両手を当て、左右に指5本分あたりの場所を押す。

②お尻の割れ目の中心に両手を当て、左右に指3本あたりの場所を押す。

押して痛むようなら新型腰痛の可能性があるようなので注意が必要です。


新型腰痛の改善にはお尻のストレッチが有効とされています。

①硬めの床に仰向けになり、片方の足を反対側にひねって手でおさえるようにする。

②そのまま20秒かけて足を伸ばしていき、お尻がイタ気持ち良いと感じれば効果がある。

~ポイント~
①お風呂上りに10分程度、ゆっくり行うと良いそうです。

②お尻の固まった筋膜などが伸ばされ、殿皮神経が骨盤に当たるのを予防・改善してくれる。

~お体のお悩みなら宇城市松橋整骨院元にお任せ下さい~

HP⇒腰痛治療ページ
お問い合わせは ⇒ 0964-33-0501
メールでお問い合わせの方はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です