過労は危険・働き過ぎには注意が必要!?

皆さんこんにちは!
宇城市松橋整骨院元スタッフです♪

師走に突入してどこも仕事納めまでの全力で仕事に疾走されている方ばかりになってきました。

年々増える過労でのトラブルは仕事の時間が一番多い日本人の象徴とも言えます。しかし実は、過労によるトラブルのほとんどは男性あり、実際に過労に伴い、脳や心臓疾患で過労死しやすい傾向にあるのだそうです。

タフなメンタルを持っている男性こそ過労には注意が必要なんですね。

ではなぜ、脳や心臓疾患で過労死する男性が多いのかと言いますと。
性ホルモンの影響で男性は女性と違い血管の老化を抑制する機能が弱いためだと言われています。

他にも、喫煙率が高いのも男性ですし、組織の責任あるポストに就く割合も男性が多いことなどが上げられます。

何かと体に負担が多いのはやはり男性となるわけですね。

しかしだからと言って、身体の負担のかけ過ぎによる過労のトラブルになると本末転倒です。自分の身は自分で守らなければならないのです。

仕事の忙しさは誰も調整のきかない時もありますが、過労の体に対する負担を少しでも軽くするため、十分な休息をとれるときは休んで下さい。

長時間労働が続く場合、血管などの病変が多くみられたり、交感神経の緊張が止まらなくなり血管疾患などのリスクも大きく高めてしまいます。

睡眠は人の体を回復させるのにとても有効な手段となりますので、1日6時間を基本して出来る限り休息をとるようにおすすめします。

1日だけ多めに寝れば良いやははっきり言って良い休息とは言えません。
体の疲れも積み重なりますが、回復も積み重ねないと十分な効果を得ることはできないのです。

他にも適度な運動やバランスの良い食事など常に自分の体と向き合う姿勢が大事となります。

体を壊しとりかえしの付かない事態を招いてからじゃ戻すのも大変です。

何かと忙しい12月だからこそ、自分を守ることも少しは意識して行動すると先が変わってきます。

~お体のお悩みなら宇城市松橋整骨院元にお任せ下さい~

HP⇒宇城市松橋整骨院元
お問い合わせは ⇒ 0964-33-0501
メールでお問い合わせの方はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です