交通事故治療とむちうちや頭痛治療について

 皆さんこんにちは、宇城松橋整骨院元の吉﨑です。
今回は、交通事故に遭った場合のむちうちと頭痛について書いて行きます。

交通事故治療の中でもっとお多い症状がむちうち症となります。
ほとんど無意識の状態で、突如激しい衝撃が遅うわけですから、普通の怪我とは違って当然違ってきます。

身体全体を打ち付けることも少なくなく、どんなに身体を鍛えていても身体の中の衝撃はどうすることもできません。
しかも身体に衝撃を受けただけなのに、骨格や筋肉などがズレることで頭痛を引き起こす場合もあります。

こうした骨格や筋肉のズレは、病院でのレントゲン検査では見つけることは難しく、MRI画像に映らないこともよくあります。こうなると病院では異常がないにもかかわらず症状がでることがあるのです。

場合によっては、異常がないと診断されるため、整形外科医でも手の打ちようがなく、症状が出てる場合でも後遺障害認定書を却下されることもあるようです。

しかし交通事故に遭う前と遭った後では明らかに身体が違うわけなのですから、何かしら治療をして欲しいのですが病院や整形外科では痛み止めまた湿布を渡されるだけとの話のよく聞きます。

 そんな交通事故での症状では、整骨院が力になれる場合があります。

実際に、当院では交通事故治療で整骨院に通ったら治ったとの喜びの声を沢山いただいてきました。もちろん、絶対に治るとのお約束はできかねますが、病院での手術以外で痛み止めや湿布などでは症状の解決に至らないことも確かで、放置して酷くなるよりは原因の特定に努めたり試すことも重要となります。

熊本で交通事故に遭った際に、身体に異常が少しでもみられるなら当院に何でもご相談下さい。
当院には、交通事故治療のスペシャリスト(柔道整復師)が常駐していますので、何かと力になれるはずです。

~熊本での交通事故治療ならお任せ下さい~

HP⇒宇城市松橋整骨院交通事故治療ページ
お問い合わせは ⇒ 0964-33-0501
メールでお問い合わせの方はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です