近くに肥満体の人がいると伝染するって本当!?

皆さんこんにちは!
宇城松橋整骨院元の院長吉崎です。

本日はあるニュース記事を見かけまして、内容は肥満体の人が周りにいると伝染するって都市伝説的な内容なんですが果たして本当なのでしょうか?

下手をすると差別が起きそうな内容ですが、実際は南カルフォルニア大学はこう結論づけているそうです。

「肥満が多い地域では通常、肥満につながるような食生活や運動習慣、あるいは、自他共に認める体型については寛容な社会になりやすい」

確かに、言われてみればそうなのかもしれませんが、何とも現実的な結果ですよね。

このデーターは、アメリカの軍事施設に配属された軍人の家族関で得られたもので、肥満体の多い地域に配属された軍人の家族は、少ない地域に配属された軍人の家族に比べ、過体重や肥満になり易いことが分かったそうなんです。

更に興味深いのは、逆に肥満の少ない地域に配属された家族は、肥満になりにくいという点が明らかになったという点です。

ようは、人の環境による社会的伝染が起きることを示唆しており、絶対的とは言えないが、集団性における優位的立場からすれば、受容性や基準に大きく影響すると考えられるのです。

かと言って、太っている友達と一緒にいないと言うのは現実的に難しい話で実際にやると、人間的にまずい状況を作ることになりかねない点があるので、空くまで知識の一面として知っておく程度にして下さいね。

信じるか信じないかはアナタ次第です。

~お体のお悩みなら宇城松橋整骨院元にお任せください~

HP⇒ 宇城市松橋整骨院元
お問い合わせは ⇒ 0964-33-0501
メールでお問い合わせの方はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です