手足が痺れて上手く動かせないんだけどこれって病気?

皆さんこんにちは!

宇城松橋整骨院元の院長、吉崎です。

加齢と共に気をつけないといけないことは様々ありますが、特に首の骨が引き起こす症状は覚えておいた方がよいと思います。

首の骨である頚椎に異常を来すと身体に様々な影響を及ぼします。

特に年齢が経過すると、椎間板が固くなり変形して周辺の筋肉や神経を刺激するようになるのですが、すべて痛みがでます。

それら全般の痛みのことを頚椎症というのですが、主な症状は首、肩、手足の痺れや脱力感といった特徴があります。

椎間板が固くなるのは誰でも起こりえる現象なので病気ではありませんが、固くなった椎間板が神経や筋肉を圧迫すると病気になります。

始めは痺れだけなのですが、そのまま放置しておくと悪化していき手先の細かい仕事ができなくなったり最悪歩けなくなったりしますので早めの改善が必要です。

また、交通事故でむち打ちになっても同じような事が起こったりする場合もありますので必ず病院での診察をおすすめします。

当整骨院ではマッサージや骨盤矯正で身体の代謝機能を高め頚椎症の改善を行っております。

頚椎症は自分で判断するのがとても難しいのですが、身体に異常を感じたらすぐにご相談ください。

お問い合わせ

HP⇒宇城松橋整骨院 元
お問い合わせは ⇒?0964-33-0501
メールでお問い合わせの方はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です